北の富士氏「タキシードでも着ればよかった」 パーカー姿を映し出され苦笑/初場所(サンケイスポーツ)

大相撲初場所7日目(20日、東京・両国国技館)NHKでラジオ解説を務めた北の富士勝昭氏(75)=元横綱=がテレビ解説との違いを明かした。

 この日の放送は「ラジオ中継90年」と題し、NHKラジオ第1では過去の懐かしい音声を紹介した。番組途中でテレビラジオ同時音声となり、NHK総合に登場した北の富士氏は、パーカー姿を映し出され苦笑。普段は着物やスーツ姿が多いため、実況のアナウンサーから「きょうはずいぶんラフな格好で…」と指摘されると、「こんなことだったらタキシードでも着ればよかった」と恨み節。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です