【ラグビー】いま、何をすべきか。何がしたいのか。中井健人[静岡BR→相模原DB](ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

いまある環境は当たり前ではない。そう実感させられる。

 7月27日、三菱重工相模原ダイナボアーズの中井健人は、西麻布にある在日ウクライナ大使館を訪れた。自身がデザインしたチャリティーTシャツの販売利益を寄付するためだ。

 中井の母はウクライナ人。中井も小中学生のころに「7、8回」訪れたことがある母の母国は、現在もロシア軍の侵攻によって安全を脅かされている。親族はアイルランドに避難したが、「一刻も早く戦争が終わってほしいと願っています」。

 自分にできることはないか。そこで始めたのが、チャリティーTシャツの販売だった。
「アスリートである前に、まずウクライナにルーツを持つ人間として、自分がやれることをやろうと思いました」

 ラグビーファン以外からの賛同もあり、3月末から約2週間の受注販売で687枚売れた。販売利益は156万7710円にも上ったという。

 この日は公使参事官のセメニューク・オレクサンドルさんと面会し、目録を手渡した。「どんな支援でも本当に嬉しい」とオレクサンドルさん。「今度、中井選手の試合も見に行きたい」と話した。

 中井は今後、日本にいるウクライナの子どもたちとの交流も図りたい。
「自分にできることはこうした寄付であったり、ラグビーで活躍して(ウクライナの)親戚を喜ばせること。これからもできることを見つけていこうと思います」

 筑紫高出身。法政大卒業後にヤマハ発動機(現・静岡ブルーレヴズ)に加入した。今年で社会人4年目になった。
 3年目までの出場はリザーブでの4試合のみも、リーグワン初年度は3試合連続の先発を勝ち取るなど6試合に出場。力の片鱗を見せられたシーズンだった。

「オフシーズンは相当頑張ってきたつもりです。西内勇人さん(元FL、現・採用担当)、PR西村颯平さんにタックルの練習に付き合ってもらい、苦手だったディフェンスに手ごたえがありました」

 ただ、振り返れば昨季はラグビーに集中できない時間もあった。「クボタ戦の週は本当に辛かったです。頭もぼーっとしていた」と話す。
 リーグ戦第8節のクボタスピアーズ船橋・東京ベイ戦は3月5日。ロシア軍が侵攻をはじめて2週間も経たない時に、背番号11を託される。初先発の機会を得たのだ。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です