【ラグビー】ワラターズにビッグサイズのフィジアンWTB、ネマニ・ナンドロ加入。(ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン))

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

大きくて、速く、パワーあふれるランナーがスーパーラグビー、ワラターズに加わる。
 NECグリーンロケッツに在籍したこともあるフィジアン、WTBネマニ・ナンドロ(日本での登録名はナドロ)だ。8月9日に発表された。

 ナンドロは195センチ、123キロの34歳。フィジーのシンガトカ生まれで、生後3か月のときに家族とオーストラリア(ブリスベン)に移り住んだ。
 2008年、ワラターズに在籍したこともある。

 2011年度から4シーズン、グリーンロケッツでプレーした。
 加入1年目の2011年度に1試合6トライ(ホンダ戦)を含む19トライでシーズン最多タイ記録(当時)をマーク。2014年度に2回目の最多トライゲッター賞を受賞している。

 国際舞台では、2010年のオーストラリア戦でフィジー代表としてテストマッチへのデビューを果たした。
 32テストで22トライ。2015年のワールドカップに出場している。

 スーパーラグビーでは2014年、クルセイダーズに所属している時に12トライで同シーズンの大会トライ王となった。
 フランスのモンペリエでもプレーし、ここ3シーズンは英国プレミアシップのレスター・タイガースで活躍した。
 レスターでの2021-22年シーズンは21試合出場、10トライを挙げた。

 ワラターズのダレン・コールマン ヘッドコーチは、「ネマニはサイズとパワーのある選手。チームに新たな一面をもたらすでしょう」と話している。
「シドニーに戻ってスーパーラグビーに再挑戦し、2023年のワールドカップに出場するフィジー代表に入るためにも、アピールする意欲を持っています」

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です