玉井陸斗、史上最年少&日本男子初の銀メダル 中国の一角崩し、パリへ「金メダルを目指して頑張りたい」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:スポーツ報知

◆世界水泳 飛び込み最終日(3日、ハンガリー・ブダペスト)

 15歳の玉井陸斗(JSS宝塚)が、日本飛び込み界の歴史に名を刻んだ。男子高飛び込み決勝で、合計488・00点をマークし史上最年少での銀メダルを獲得。インタビューでは「あまり理解できてないですけど、めちゃくちゃうれしいです」と笑顔を見せた。

 男子の世界選手権でのメダルは、2001年福岡大会の寺内健(男子3メートル板飛び込みで銅)以来21年ぶり2人目。2位は過去最高成績で、高飛び込みでは史上初の表彰台となった。「今までも、寺内選手の記録を何度も塗り替えてきたけど、これ以上ないくらいうれしい記録を塗り替えられたかなと思います」。練習も共にする五輪6度出場のレジェンド・寺内がテレビ解説を務めた目の前で、大先輩に“恩返し”した。

 決勝は、3本目に大技・109C(前宙返り4回転半抱え型)を完璧に決め、驚異の99・90点をマーク。最強中国の2選手に割って入り、「中国の選手1人に勝ったので、だいぶ今後の自信につながったかな」と胸を張った。表彰式後には馬淵崇英コーチの首にメダルをかけ、馬淵コーチの目には光るものがあった。

 中学3年で出場した昨夏東京五輪では、高飛び込みで7位入賞の快挙。その翌年に一気に表彰台までかけあがり、2年後のパリ五輪に向けては頂点しか見えていない。玉井は「パリオリンピックは、金メダルを目指して頑張りたいと思います」と、堂々宣言した。

【広告】  漢方由来のヘアーケアー

美髪素


・白髪や抜け毛が気になりだした方に
・黒く艶やかで美しい毛髪にしたい方に

明朝時代の処方を基に作られた漢方薬です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です