【七夕賞】前走GⅠ組過信禁物 高配当の使者は重賞大敗、距離延長組にいる!(SPAIA AI競馬)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:SPAIA AI競馬

JRAの重賞で色がつく重賞は青葉賞、目黒記念などがあるが、数字が入った重賞は「2歳S」を除くと非常に珍しい。セン(千)トウルSやセントライト記念もあるが、漢数字となると、この七夕賞と北九州記念しかない。当然、この重賞は7が毎年注目を集める。

【ラジオNIKKEI賞 2022予想】夏到来を告げる3歳ハンデ重賞! データの決め手はまさかの「毛色」!?(SPAIA編)

そういった視点もまた楽しく、不思議なデータがあったりもする。またそういったところに注目が集まるほど、七夕賞はハンデ戦、かつ横の比較がつきにくい難解な重賞で、どこからでも入れるレースでもある。データでしっかり傾向をつかんでおきたい。ここでは過去10年間のデータを使用し、好走傾向をあぶり出してみよう。

まず人気別成績。1番人気【2-1-1-6】勝率20.0%、複勝率40.0%と馬券絡みは半数以下。現在18年サーブルオールから21年クレッシェンドラヴまで4連敗中。馬券絡みすらない。12~14年は3年連続馬券圏内だったので、最近はまた一段と難しくなった。

ただ2番人気【2-1-0-7】勝率20.0%、複勝率30.0%、3番人気【3-0-0-7】勝率、複勝率30.0%。19年以降は2、3番人気が圏内に来ており、上位人気から連軸を選ぶという方針は有効といえる。そして注目の7番人気は【0-3-2-5】複勝率50.0%と勝てはしないが、連軸向き。20、21年と連続2着で、7番人気かつ4、5歳は【0-2-2-1】複勝率80.0%。今年はどうなるだろうか。さらに10番人気以下【2-1-5-54】勝率3.2%、複勝率12.9%で、3着の半数は10番人気以下とゾーンはかなり広げて検討したい。

年齢別では4歳【2-2-1-11】勝率12.5%、複勝率31.3%、5歳【4-3-3-34】勝率9.1%、複勝率22.7%が中心だが、6歳も【3-4-5-37】勝率6.1%、複勝率24.5%と侮れない。複勝回収値は217と高く、穴気配が漂う。注目の7歳は【1-0-0-23】勝率、複勝率4.2%。18年メドウラーク11番人気1着のみで、こちらはあまり機能していない。

次に枠番別成績。13年に開催時期が最終週から2週目に移され、馬場状態が大きく変わったことで枠番別の成績は内枠が優勢。2枠【3-2-0-13】勝率16.7%、複勝率27.8%、4枠【2-0-3-13】勝率11.1%、複勝率27.8%が好成績で6枠【3-1-3-13】勝率15.0%、複勝率35.0%までがいい。不思議と好成績は偶数枠に集まる。ただし大外8枠は【0-2-1-17】複勝率15.0%とここに当てはまらない。

同じく外枠の7枠は【0-1-0-19】複勝率5.0%と不振。かつては「七夕賞の7枠が呪われている」などと言われたが、20年7枠13番ブラヴァスが7番人気で2着に入り、呪いは解けた。とはいえ、これは好成績の7番人気とデータを引っ張りあったもので、昨年も5番人気ワーケア15着と不振は変わらない。極端な外枠は評価を下げてもいい。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です