【CBC賞】ハンデ49キロで1番人気のアネゴハダが3着 藤懸貴志騎手「ロスなく運べましたが、勝ち馬が強かったです」(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆第58回CBC賞・G3(7月3日、小倉・芝1200メートル=良)

 サマースプリントシリーズ第2戦は17頭立てで争われ、ルーキーの今村聖奈騎手=栗東・寺島良厩舎=が騎乗する2番人気でハンデ48キロのテイエムスパーダ(牝3歳、栗東・五十嵐忠男厩舎、父レッドスパーダ)が格上挑戦で、逃げ切って重賞初制覇を飾った。タイムは1分5秒8で従来の記録を0秒2更新するJRAレコード。今村騎手は重賞初騎乗初勝利で、女性騎手初の快挙。1984年のグレード制導入以降、デビュー年の重賞初騎乗Vは、史上4人目となった。

【データで見る】アネゴハダの血統、戦績

 3馬身半差の2着にトップハンデ57キロで3番人気のタイセイビジョン(川田将雅騎手)、さらに半馬身差の3着にハンデ49キロで1番人気のアネゴハダ(藤懸貴志騎手)が続いた。

 藤懸貴志騎手(アネゴハダ=3着)「スタートが決まり、取りたい位置が取れました。ロスなく運べましたが、勝ち馬が強かったです」

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

            高品質・安心の

ルイボスティーはこちら

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です