【巨人】今村信貴の3連続四死球は「フォローができないね」…原辰徳監督に聞く(スポーツ報知)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人3―4ヤクルト(8日・東京ドーム)

 巨人は9回に守護神・大勢(翁田大勢)が踏ん張れず、ヤクルトに逆転負け。今季2度目の3タテを食らい、4連敗で3位に転落した。大勢がプロ初黒星を喫し、ゴールデンウィークは1勝8敗。菅野、坂本、吉川と主力が次々と離脱した悪い流れは、大勢でも止められなかった。

 ◆原監督に聞く

 ―早めの継投策。同点の5回2死二塁、高橋はそれまでの内容で降板を決断した。

 「(5回の)先頭打者の投手への四球というのがね」

 ―7回1死満塁からデラロサがリードを守り、回またぎで8回も0封。

 「デラロサよく頑張ったね。よく頑張りました」

 ―今村がまた3連続四死球と制球を乱した。

 「(今日は)フォローができないね。戦わずして、というところがね。やっぱり戦いだからね」

 ―今後もブルペンを支える役割を任せたい。

 「もちろんもちろん。もうリーダー的存在だからね。その辺は揺らぐものはないけどもね」

 ―3位に転落となった。

 「そうですか」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です