【オークス】前走の疲れなし〔17〕マルターズディオサ(サンケイスポーツ)

良馬場で巻き返しを期すキズナ産駒は美浦Wコースを1周半。馬場の外めを大きなフットワークで駆け抜けて体調面に不安はない。「桜花賞はひどい馬場だったけど、今はその疲れも取れている。いい状態で出せそうです」と平塚助手。

... 続きを読む

「本田圭佑とは違う!」 ボタフォゴが獲得狙っていたヤヤ・トゥーレに激怒(フットボールチャンネル)

元日本代表MF本田圭佑の所属するボタフォゴが、MFヤヤ・トゥーレに怒り心頭だ。ブラジル『グローボ・エスポ... 続きを読む

【オークス】スタミナに自信〔3〕アブレイズ(サンケイスポーツ)

史上最少キャリアでの制覇に照準を定め、23日午後3時44分に東京競馬場へ到着。「デキ落ちにならないように桜花賞をパスし、思惑通りにきている。スタミナ豊富でセンスがある。どこまで粘れるか」と池江調教師。

... 続きを読む

阪神・西勇、虎党に笑顔届ける「楽しく強い野球を見せられたら」(サンケイスポーツ)

開幕投手に指名されている阪神・西勇輝投手(29)が23日、甲子園での集合練習に参加。最短で6月19日を目指す開幕に向けて、気合をみなぎらせた。マウンドで結果を出し、待ちわびたファンにも笑顔を届ける。

 エースとしてマウンドに立つ心の準備はできた。西勇は真剣な表情で、開幕投手としての意気込みを語った。

 「誰もが経験したことがない状況。自分が気持ちを強く持って、(チームを... 続きを読む

【平安S】レースを終えて…関係者談話(サンケイスポーツ)

◆幸騎手(ヴェンジェンス2着)「自分が思っていたより前の位置になりましたが、最後まで力のある内容だったと思います。次が楽しみ」

 ◆畑端騎手(ヒストリーメイカー4着)「いつもより折り合いがついていたぶん、最後はいい脚でした。右にモタれる面も少しましになっていました」

 ◆松田騎手(スワーヴアラミス5着)「いい形で運べましたし、バッタリ止まっているわけではないですからね。... 続きを読む

24日、3歳牝馬の頂上決戦!オークス(GI)/出走馬を紹介!(サンケイスポーツ)

出典元:63年ぶりとなる無敗の牝馬2冠制覇を目指すデアリングタクト

GI・5連戦の3戦目を迎える東京競馬場では、3歳牝馬の頂上決戦・第81回オークス(芝2400メートル)が24日に行われる。

 デアリングタクト(栗東・杉山晴紀厩舎)は前走の桜花賞で「新怪物牝馬」の誕生を思わせるレースぶりを見せた。タフな重馬場をものともせず、2歳女王レシ... 続きを読む

ポチェッティーノのニューカッスル監督就任が目前? 友人の元Jリーグ指揮官が語る(フットボールチャンネル)

出典元:【写真:Getty Images】

ニューカッスルは、マウリシオ・ポチェッティーノ氏を指揮官として迎えることをほぼ確実にしているのかもしれない。オズワルド・アルディレス氏のコメントを英『デイリー・ミラー』が現地時間23日に伝えた。

 かつて日本で指揮を執ったアルディレス氏は、現在ロンドン在住。アルゼンチンの同胞であるポチェッティ... 続きを読む

【DeNA】伊藤光、シート打撃再開で痛感…実戦感覚鈍り「やっぱりマシンとは違う」(スポーツ報知)

DeNAは23日、横浜スタジアムでのチーム練習再開後、初めてのシート打撃を行った。

 練習試合が中止となった3月下旬以来の実戦形式。新外国人のピープルズを相手に見逃し三振の伊藤光捕手(31)は「やっぱりマシンとは違う」と、実戦感覚が鈍っていることを実感。捕手として守っていても、マスク越しに「みんな『久々だな』って感じ。結果より感覚を確かめていたように感じた」という。

 ... 続きを読む